FC2ブログ
2019 / 12
≪ 2019 / 11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2020 / 01 ≫

色の息遣い
  『赤』
 赤は闇から立ち上がる、
 あかはむしろ黒の庶子、
 だが、その叫びを誰も聞きとることができない。

 赤は光へと死に絶える、
 赤はむしろ白のいけにえ、
 だが、その願いはほんの束の間かなえられるだけ。



谷川俊太郎詩集「手紙」の中に収録されている「色の息違い」の「赤」です。

色の捉え方は、各々の感性の違いがあるもの、果たしてこの詩にはどんな意味合いがあるのか、この詩をどのように歌うことで、「赤」を表現することができるのか、谷川俊太郎の世界に充分浸りつつ、きんもくせいらしいハーモニーを作っていきたいと思います。


 ↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします(^o^)丿
にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村


合唱・コーラス ブログランキングへ 
スポンサーサイト




この記事へコメントする















aykinmokusei

Author:aykinmokusei
茨城県龍ヶ崎市で活動する女声合唱団「きんもくせい」です。ただいま団員募集中です。素敵なハーモニーの世界へご一緒しませんか?お問い合わせはメールフォーム↓よりお願いいたします。