2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫



浅子先生作品第3弾が完成いたしまして、本日命の吹込みをいたしました。

『窓』  詩・新美南吉
     作曲・浅子勝也

安達先生の説明で、『窓』は昭和6年復刊された「赤い鳥」5月号に南吉の作品として
初めて掲載されたもので、中学生の時に創った作品だということを知り、改めて新実南吉の偉大さを感じ、
また、80数年の時を超えその詩に曲を付けて、爽やかで生き生きとして作品として蘇がえさせた浅子先生の
センスに感心致しました。

窓を開けて「風、こえ、空がくる~」情景が目に浮かぶ曲で、歌っていて清々しい気持ちになり、大空に胸を張って歌いたくなりました。

まだ初見で音取り段階でしたが、出来上がりが楽しみです。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















aykinmokusei

Author:aykinmokusei
茨城県龍ヶ崎市で活動する女声合唱団「きんもくせい」です。ただいま団員募集中です。素敵なハーモニーの世界へご一緒しませんか?お問い合わせはメールフォーム↓よりお願いいたします。