FC2ブログ
2013 / 02
≪ 2013 / 01 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - 2013 / 03 ≫

本番まで、秒読みのレッスンです。
せっかく練習してきたんだから、腹をくくって
『大きく表現しましょう。』
本日は、

Wherever you areを中心にレッスンしていただきました。
 *歌う場所が出たり入ったりして定まらないので、喉の一番奥でじゃべっるようにして 言葉が出たり入ってしないようにしましょう。この課題は これからも習得しなければならないポイントです。
 *言葉の流れをつかんで、背筋を使って 喉の奥から 声を回してきましょう。
 *下パート課題 レッスン番号B しっかり言葉を伝えるように歌いましょう…でも、ぶつ切りには注意です。

とにかく、この歌は『愛』の歌です。想いを、客席に届けるつもりで、しっかり自信を持って歌いましょう。

小人数なので、無難に小さくまとまりがちですが、ここまで来たら、殻を脱ぎ捨てるしかありません。

自分たちが、歌えることの喜び、そして、このチャンスに感謝して 大きく大きく表現しましょう。

本日は、休会中の団員さんが 久しぶりにお顔を見せに来てくださいました。出会い、そして繋がりは、とっても温かいですね。ぜひ、またいらしてください。お待ちいたしております。


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします(^o^)丿
にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村


合唱・コーラス ブログランキングへ
スポンサーサイト

とってもすごい風で、レッスン会場のガラスも砂埃の当たる音に、軋みを感じるほどでした。
この風が、春を呼んで来てくれるのでしょうが、体感温度はそう高くもなく、春はまだ遠し・・・のようです。風邪がだいぶ蔓延してますので、うがい、手洗いを小まめに務めましょう。

本日のレッスンです。

Swansongs
*テンポが速くなると、息継ぎの時間が無くなるので 声が浅くなります。テンポは早くならないように、完全暗譜で、指揮にしっかりついていける様にしていきましょう。テンポは大切です!!ゆったりと歌いましょう。
 *切った音の語尾が、次の音のきっかけになるようにしましょう。

Circles of Motion
*61小節から「blessed~♪」開放的に歌いましょう。

Wherever you are
*歌い慣れてきてしまい、雑になってきています。言葉がはっきりと伝わるように、もう一度歌詞をしっかり確認をしましょう。
*世界観が広がるように、息を流しましょう。

慣れが一番怖いです。言葉を大切に扱えるように、もう一度楽譜を見直しましょう。

本日は、安達先生の、別のお顔を拝見できた貴重なレッスンとなりました。安達先生ありがとうございました。


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします(^o^)丿
にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村


合唱・コーラス ブログランキングへ

龍ヶ崎市「合唱連盟講習会」に参加してきました。

合唱連盟主催の「フランス映画、合唱ができるまで」DVD鑑賞と交流会が、本日文化会館小ホールで開催されました。

日々、それぞれの合唱団で練習に励んでいる人たちが一堂に会して、フランスの市民合唱団の合唱ができるまでの様子が収録されたDVDを鑑賞しました。我々きんもくせいでも、常に先生方からご指導いただいていることが映像に流れてきて、改めて、発声の大切さ、声の響かせ方、体の使い方など、全世界共通なんだと感じた映画でした。そして、今まさしく、我々が習得しなくてはならないことが盛り沢山な映画だったので、とても楽しく、興味を持って鑑賞することができました。

その後、合唱曲を全員で歌ったり、テーブルごとに分かれて披露したりと、懇親会は和やかな雰囲気で行われました。

本日集まった方々の、『歌を愛する気持ちは』 合唱団の垣根を越えて 大きく大きく育まれました。

理事の方々のご配慮により、ポップコーンを食べ、コーラを飲みながらの映画鑑賞は格別でした。これからも、わが町龍ヶ崎の合唱の和が深まるように協力して行きたいなと思います。 


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします(^o^)丿
にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村


合唱・コーラス ブログランキングへ

MA350580.jpg
「衣装」到着いたしました。
早速、「真紅」の衣装を身にまとい、レッスンに臨みました。創立21年の合唱団なのに、2着目の衣装です。鮮やかな赤にスパンコールがついていて、舞台映えしそうなデザインです。この衣装に負けないぐらいの、きんもくせいオーラを発することが出来るように、あと数回の練習を大切にしていきましょう。

最終確認!
Swansongs
*特にソプラノ ・切るタイミング、入るタイミングをスムーズに。

Circles of Motion
 *開放的に歌う。
 *声は深く、子供っぽい声にならないように。(落とさず、持ち上げて歌う)
 *喉を開けて、「イ」の発音をかまないようにする。伸びる音の「イ」が閉まりすぎないように。
 *長さに注意(世界が広がらなくなるので、短くならないようにする)


WHEREVER YOU ARE
 *固くならないように、堂々と歌う。
 *アルト ・through とnightの区別をはっきり。
 *ソプラノ ・prince とpeaceの区別をはっきり。  

細かい注意を頭に叩き込んで、自然に表現できるまで歌いこみましょう。   

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします(^o^)丿
にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村


合唱・コーラス ブログランキングへ

竜ケ崎混声合唱団さんと女声合唱団「萠」さんとリンクさせて頂きました。

我が町龍ケ崎で、一番大きな合唱団の竜ケ崎混声合唱団さんは、きんもくせいの指導者である安達陽一先生が、ご指導していらっしゃる合唱団です。とってもスケールの大きな歌声で、聴く人に訴えかけてくれる合唱団です。我々女声合唱団では表現できない、混声ならではのどっしりとした貫禄のある歌声で、常に竜ケ崎をリードしてくださっています。

女声合唱団「萠」さんは、歌って踊れる合唱団です。ご指導されている佐久間先生の、明るく楽しいお人柄がそのまま歌声に反映されていて、いつもとっても楽しい舞台を作ってくださって、聴く側を楽しませてくださいます。

そんな合唱団のHPです。覗いてみてください


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします(^o^)丿
にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村


合唱・コーラス ブログランキングへ

みなさ~ん!ホールでの発表の時に
 ♪ホールトーンを利用して歌う…ということを考えたことありますか?
恥ずかしながら、管理人Aは、この言葉に、新鮮な響きを感じてしまいました。

本日の練習では、このホールトーンのつけ方を教えていただきました。
喉をこすって歌うと、ちょっと低めに音が聴こえてしまうので、息に乗せて歌うこと。響きをのせたら ホールを利用して 自分はくっついていかないこと。かなりの裏ワザですが、ふわっとした優しい音色になります。これは是非自分のものにしたいですね。

曲のメリハリを付けるため、気持ちを畳み掛けるように歌う場所と、気持ちを変えて歌う場所の確認をしました。

また、「ア」の母音、「エ」の母音に気を付けること、「ウ」が浅くなるので「オ」の形で「ウ」と発音することをご指導いただきました。

それから、先日ご指導いただいた、喉の形を作ってから音を出す方法ですが、常日頃より言われていた、香りを嗅ぐようにスタートするということと同じことだと判明しました。とにかく、先生方のご指導を真摯に受け止め、少しずつでも進んでいけるように頑張りましょう。

まずは、アカペラをやっつけよう


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします(^o^)丿
にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村


合唱・コーラス ブログランキングへ

竜ケ崎少年少女合唱団 さんとリンクしました。

大人には絶対手に入れられないもの・・・・・ピュアな天使の歌声!

龍ケ崎の子供たちが活躍している合唱団「竜ヶ崎少年少女合唱団」さんのHPです。

元気に、楽しく、さわやかに、そんな子供たちのパワーが感じられます


http://music.geocities.jp/ryusyo_jcho/

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします(^o^)丿
にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村


合唱・コーラス ブログランキングへ

コール・ヴァンヴェールさんとリンクさせて頂きました。

浅子先生が龍ケ崎で伴奏をされている、もう一つの女声合唱団です。

優しい響きで、とっても癒されるハーモニーです。ご指導されている銅谷先生と、団員の皆さんの柔らかいお人柄が、そのままハーモニーとなって表れています。

素敵なHPです。覗いてみてください。

http://vent-vert.sakura.ne.jp/
↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします(^o^)丿
にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村


合唱・コーラス ブログランキングへ

ハードル高いけど、絶対克服したい曲
 ア・カ・ペ・ラ

今、団員を悩ませている一曲です。

低い音が苦手意識が強くて、低く取り過ぎてしまいます。歌っていて、さて私の行く場所どこ?ですぐ迷子になってしまいます。的中率30パーセントぐらいでしょうか?いや、20ぐらいかな。
まだまだ、スカッとした出来にはなっていません。

確かに、パートの得意領域ってあるのですが、その音域だけの曲などないので、低くっても、高くっても 自由時際に音を操れるほうが歌い手として力があるということなのでしょう・・・しかし、得手不得手はあります。この曲に出会ったのも チャンスだと思い 苦手分野を克服できるように頑張りましょう。

本日、


 喉の奥を開けといてから、音(声)を出す
事を、教えていただきました。喉の形を作ってから 声を出すことにより、立ち上がりがぶれないこと。
確かに、やってみると曲がクリアになった感じがします。この歌い方が普段から身に付くようにしましょう。


 言葉の語尾をはっきりさせて、語尾が、次の言葉のばねになるよう歌う。これがなかなか難題です。きるタイミングがそろわなくて、色々な所から「t」「t」「t」・・・・て聞こえてきたり、入りがバラバラで、多重放送になってしまいます。

細かいことですが、楽譜暗譜を継続しましょう。


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします(^o^)丿
にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村


合唱・コーラス ブログランキングへ

aykinmokusei

Author:aykinmokusei
茨城県龍ヶ崎市で活動する女声合唱団「きんもくせい」です。ただいま団員募集中です。素敵なハーモニーの世界へご一緒しませんか?お問い合わせはメールフォーム↓よりお願いいたします。